北習志野の清水歯科・矯正歯科は北習志野駅から徒歩5分の場所にあり、一般歯科・矯正歯科・予防歯科などの治療を行っております。

治療症例(一般歯科)

 前歯部補綴長期予後の症例




根管治療(歯の神経の治療)の後に、
部分矯正治療を行い、前歯を少しならべて
歯ぐきの位置をそろえました。


前歯部補綴を完了時(1986年)


30年以上経過しても、適切な管理をしていれば、
審美性は下の写真の様に長期間保つことができる
(2017年)



★ 間違ったブラッシングに注意

別の30年経過症例である。
間違ったブラッシングでは歯肉を下げてしまい、審美性を維持できない。


症例@ 写真の左上はそのまま綺麗に歯肉が維持されているが、右側は磨き過ぎで歯肉を退縮させてしまった。
左右で歯肉の形状が異なること、
歯間ブラシにより歯間乳頭を失ってしまったことに注目。

症例A 左右共に磨き過ぎると歯肉をこのように下げてしまう。(下の歯に注目)
当院には30年以上経過している症例は沢山あります。
しかしながら長期的に良好な予後を確保するためには、術者の技量だけでなく、患者さんの協力も不可欠です。
一緒にがんばっていきましょう。

 審美歯科症例










左上前歯の歯根が保存不可能な状態であったが、インプラント以外の治療方法を希望されたので工夫した症例。
根の一部分のみ残せたので、歯根片と歯根膜を生かして歯槽骨を誘導形成し、審美性を確保しました。
外科ではなく、矯正治療を組み合わせることで対処しました。
当院では、複雑な手技を駆使してこのような審美補綴も行っています。

治療症例(矯正)

 こどもの治療

@ 咬み合わせが深い(過蓋咬合)治療例
(9歳女子)(治療期間1年1か月)


寝ているときの装置で、上下のあごのバランスを整えました


A 出っ歯の治療例(10歳女子)



こどもの矯正治療(第1期治療)
(下のあごを前へ成長誘導)




おとなの矯正治療(第2期治療)



下のあごを成長させて、横顔がきれいになりました


 おとなの治療

歯のがたがたの治療例@ 
(19歳女性)(治療期間:2年3か月)

治療開始時



治療終了時



歯のがたがたの治療例A 
(20歳女性)(治療期間:2年6か月)

治療開始時



治療終了時



歯のがたがたの治療例B 
歯を抜かない矯正(19歳男性)

治療開始時



治療終了時



開咬(オープンバイト)の治療例
(14歳、男子)(治療期間:1年4か月)


清水歯科・矯正歯科
〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-10-8
047-465-3014